2019年12月04日

テンプル大学で「医療従事者のための英語」を実施

先週の11月30日(土)、テンプル大学日本校(東京都世田谷区)で1日ワークショップ「医療従事者のための英語」を実施しました。

当日参加された10名のうち、半数が医師、ほかは薬剤師や看護師、検査技師などの方々でした。プロフェッショナル語学のトレーナー、Daniel Kambeyが当日のインストラクターを務めました。講師のプロファイルはこちらの紹介をご覧ください。 https://www.tuj.ac.jp/jp/cont-ed/courses/seminars/EMP101-FA.html

授業はすべて英語で行われ、自己紹介に始まって、外国人患者への症状や経緯の確認、既往症、家族の病歴等の問診、各種検査、診断結果の説明に至る一連の流れを、講義→ロールプレイの繰り返しで学んで頂きました。受講者の皆さんは2人1組になって医師・患者役をそれぞれ演じながら、Danialのフィードバックを受けていました。

またロールプレイは当初各人が行ったものを録画しておき、最後のロールプレイを再度録画して、どれくらいコミュニケーションスキルが改善できたかを確認できる流れを組みました。

今回テンプル大学日本校での実施は初の試みでしたが、プログラム内容・講師共に受講者の皆さんから総じて高い評価を頂くことができ、来年2020年4月にも同じ講座を設けることになりました。

今回多くの方からお問い合わせを頂きました。今回は残念ながら参加できなかった方も、次回のご参加をお待ちしております。また同様の目的でのワークショップを病院内で実施することも可能ですので、ご興味のある方はご自由にお問い合わせください。

お問い合わせ先:inquiry.prolang@hq.cri.co.jp

受講ご相談