2019年05月20日

The Challenges Foreign Patients Have in Japan

(英文の下に日本語での文章が続いています)

As with any move, living in a new country can present challenges for the new arrivals.  Today, I would like to discuss the challenges that foreign medical care seekers face in Japan.

First of all, it is important to understand the uncertainties foreign patients face when going to a Japanese hospital. The language barrier, a different system, rare or non-existent English guidance/help, all of these make it hard to get to even get to the doctor. Next, there are the questions that a foreign patient has: How much will it cost? Will my insurance cover all this? Will the doctor understand what I am saying or what I need?  These are common concerns foreign patients have, when seeking medical help in a different country.

These many questions and uncertainties on top of the actual medical problem put the patient in a rather unpleasant position before even seeing the doctor. And then, it happens…the doctor does not speak English. With gestures and maybe some broken English the patient gets a diagnosis, some standard medication and, maybe even without being able to truly express his needs or desired treatment, gets sent home.  As more and more foreigners are coming to Japan, there will be more foreigners seeking medical help, and this situation will increase in frequency.

Understanding that patients who do not speak Japanese need even more support and help on the way to recovery is crucial.  The first step to ensure this is solid medical English conversation skills.

The term medical English conversation skill has a very broad definition. On top of basic language knowledge, it includes parts such as medical history, inspection (CT/MRI/X-ray), diagnosis, first-aid, treatment, operation, ward care, and a summary letter at discharge.  Each of these situations has typical and often used terminology, which needs to be practiced and mastered. Giving the patient simple and easy to understand explanations, as well as advice on treatment and following procedures is important.

By learning some of the basic phrases used in clinical medical situations, a doctor can dramatically improve the patient experience and put their mind at ease. 

  

外国人患者の日本での最大の課題

  

他国に住むことは、様々な困難を伴うものです。本日は診療を求める外国人患者が直面する医療英語(英会話)の課題について話したいと思います。

何はさておき、外国人患者が日本の病院を訪れる時の不安を理解できることは大切です。言葉の壁、医療制度の違い、英語での指示も少ない又は全くないとういう状況で病院に掛かるのは大変なことです。更に外国患者を悩ませる考えは、「医療費はいくらなのか、私の保険は医療費の全てをカバーしてくれるのか、医師は私の言いたいことや私の問題を本当に理解しているだろうか」。これらは、異国で診療を受ける患者によくある悩みです。

外国人患者は実際の医学的な診断を受ける前に、言葉がうまく伝わらない不安にも悩まされます。「しまった。医師も英語を話せないなんて・・・」患者は、何とか身振り手振りと片言の英語で診断と標準薬を貰い、多分自分のニーズや希望する治療をうまく伝えられずに帰ることになります。

これは最悪の事態のように見えますが、不幸にして日本の病院のほとんどにおいてよくあることです。そして益々多くの海外旅行者や労働者が来日することが見込まれ、さらに多くの外国人が医療を求めようになるでしょう。今後このようなことが起こる頻度は、さらに高まるでしょう。

日本語を話せない外国人患者は、その回復に至る過程により多くの応援やサポートが必要であるという事を把握するのはとても重要です。それを確保するための第一歩は、しっかりとした医療英語(英会話)能力ではないでしょうか。

医療英語(英会話)能力という用語は幅広い定義です。基本的な言語力に基づいて既往歴の確認、CT・MRI・レントゲンなどによる診察、診断、応急処置、治療、手術、病棟での看護と退院後のケアまでを含みます。また場面のそれぞれに修得すべきよく使われる典型的な用語があり、練習が必要です。患者さんに分かり易い、シンプルな説明のしかたや、治療内容と次の手順を勧めることも大切なことです。

医師は、医療の場面でよく使われる基本的なフレーズを身につけることで、患者さんの来院体験の質を大幅に向上し、彼らの不安を取り除くことができるようになります。

受講ご相談